健康美容サロン パトラの報告第5弾です。

本日は小山社長です[E:note] 

 

ペプチドセラピーとは 

アミノ酸複合体がペプチドという事でこれからはこれが主流になる 

 

これからは考えを変えていただきたいコエンザイムQ10とかEGF(1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しています)もみんな同じです[E:spade] 

 

今日は細胞はどういう仕組みなのかをわかってもらいたい。 

 

皮膚細胞のまわりに皮脂があり中がカルシウムで外がナトリウムでマイナスとプラスになっていてその間を通る穴が(水だけを通す穴(チャネル)) アクアポリンと名付けています[E:heart01] 

 

その穴を透して汚れた水を出したり入れたりして細胞は上に上がっていくのでそこに栄養を与えても無意味です。 

 

栄養はもう下の基底層でもらってる。 

カエルの卵と一緒です[E:lovely] 

 

卵にはもうすでに栄養が与えてあるから代謝してカエルになるのにその卵に栄養を与えるようなもので無意味です。 

 

アメリカでは、がんをペプチドアミノ酸を使ってこれにガンは悪い奴だと思いこませて免疫に攻撃させようという話が出ている[E:lovely] 

 

そこまで進んでいたのでパトラ理論が納得できた理由です[E:club] 

 

今日のパーティーの前に記者会見があってそこで私は、 

免疫は、やまいを選ばない免疫さえ良くすればすべての病気が治るのです[E:note] 

 

そのために生体恒常性機能(ホメオスタシス)が備わっているのですから働かすことです[E:lovely]

広告
カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中