健康美容サロン パトラをいつもよりたくさんつけるとどうなるか

こんにちは、今日は昨年11月10日の日曜日から久しぶりにパトラプロの洗顔美容をたくさんつけて何年ぶりかで若返りをしようと思いました。

普段の量では現状維持ですがやはり老化はありますのでたまにはやろうと思い試してみました。

むかし、ほほにしみが薄くできた時があってあわててそこに集中してパトラを塗って消えた経験があります。

パトラを初めて使った時は、パトラプロの洗顔美容を朝1プッシュ(1cc)を塗り1分半おき、お水で洗い、タオルで拭き取ってまた1プッシュ付けて終わり、同じことを夜にもしてました。

それで、色々な変化があり8カ月目に何をしても変わらなかった9年前のメンチョの上に脂肪か付いて固まっていた鼻の上の塊が削れるように小さくなり再びメンチョが現れました。

2日目メンチョがずきんずきんして次の日消えて塊のない鼻になり、そして1年後ぐらいに両目じりが十円玉ぐらいの大きさの赤みを帯びてカサカサしたかと思うと翌日に目じりのしわがなくなって不思議に感じたものです。

パトラ理論を勉強していくと皮膚は内臓から食べたもので作られ、皮膚にどうやって栄養が変化して良い肌になっていくのかを学びました。

それには目からうろこ状態が続きました。

なぜなら色々な化粧品の講習を美容師なので受けてきましたが、すべて皮膚の表面は弱酸性とか表面の事を勉強するばかりでした。

良く考えてみればなんで弱酸性になっているのかを説明をした会社はなかってですし、東大の有名な先生も話すことはなかったです。

パトラはこの身体の仕組みをすんなり説明をしていただくと他社の言っている事は皮膚病につながりアレルギーを起こす考えだと思いました。

それから会社の大企業は売れなくなった化粧品を子供に付けさせて儲ける話をもう15年前から聞いていて本当に子供の皮膚病やアレルギーも増えてなんて事だろうと思います。

基本から違うのを大人があたりまえになっていて子供に様々な化粧品を付けることが常識の時代になってきました。そんな中パトラは違う事を言い続けているのは立派だと思います。

私も23年間化粧品の流れを見ているとホントに表は消費者のためという法律が企業のためで不親切な事などたくさんあります。

それがわからない人も増えていると感じます。

辛い思いをするのになーと思うのですが、そう思うと私は、パトラの話をする前に「シャボン玉せっけん」の先代の社長と石鹸の話をします。 自分の間違えを正しそれを訴えた人です。これがわからない人が多いのにびっくりします。

時代が変わっても身体の仕組みと皮膚の仕組みは、変わらないはずです。 わかって欲しいなーと思います。

それでは、今回1日9プッシュ以上つけてみてみるみる破壊(パトラでは、良くなる皮膚の仕組みなのでお赤飯を炊いて喜ぶ意味です)してきてはれ上がり、少し痛くなり赤くなりその日のうちに変化して次の日には、老化した肌になってきました。

家族からやりすぎと言われましたが、ガンガンやってしまい、目を開けるのもきつい状態で熱も少しありました。1週間はすごかったです。

見た目とカメラに写る印象は見た目の方がひどい状態でなかなかカメラで表現するのは素人には難しいので皆さんもここで載せたものよりすごいと思って下さい。

それでも変になるわけでもなく良くなる過程ですので私は、知っているのでやりすぎましたが、知らない人は、びっくりすると思います。

では、やって1週間名ぐらいの写真を載せます。

CIMG1120 CIMG1123 CIMG1128 CIMG1129 CIMG1130

ここから先は、一番ひどい時よりはましですが、一進一退を繰り返してゆきます。

最後の方は、目の周りだけは目に入るとパトラプロの洗顔美容だと危なくはないのですが、目にしみますのでパルシアスタシスに変えました。

やはり一番最後まで目のふちがガサガサして老化をしていましたので潤わず乾燥をして吸い込みました。

やはりパルシアスタシスはさすがです。

ステロイドやアレルギーのある方は、これに黄色い汁のリンパ液が出てきます。 心配はいらないですし出たらいい肌になりますよ。

CIMG1131 CIMG1132

CIMG1133 CIMG1134 CIMG1135 CIMG1136  CIMG1138 CIMG1139 CIMG1155 CIMG1160 CIMG1179 CIMG1180  CIMG1182        CIMG1191  CIMG1194 CIMG1196 CIMG1197 CIMG1198   CIMG1205 CIMG1206  CIMG1209 CIMG1210 CIMG1216 CIMG1217  CIMG1219   CIMG1224 CIMG1228 CIMG1229 CIMG1234 CIMG1236  CIMG1238  CIMG1244 CIMG1257  CIMG1266  CIMG1270 CIMG1283 CIMG1285 CIMG1286

CIMG1378

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中